100均の材料で作るドールハウスの作り方!簡単&インスタ映え必至

ドールハウス

作成したドール服を着たお人形の写真をインスタにアップしていますが、なんだか写真が映えない……
「背景がいつも同じだから?」
「写真を撮る場所が悪い?」

そこで、映える写真を撮るためにドールハウス作りにチャレンジ!
完成したドールハウスをバッグにした写真を投稿してみたところ、いいね&フォロワー数が急増しました♪

今回は、ドールハウスの作り方&インスタの投稿写真の変化をご紹介。
簡単にできるので「もっと映えた写真が撮りたい!」という方はドールハウスを作ってみてはいかがでしょうか?

完成したドールハウスを公開

まずは、完成したドールハウスのご紹介から。
常に置いておいて愛でるためのドールハウスではなく、インスタ用の写真を撮ることが目的。
コンパクトなセットというイメージで作りました。
ちなみに私がインスタに写真をアップするドールは……

  • メルちゃん
  • ブライス
  • ぽぽちゃん
  • リカちゃん

これらのお人形はきちんと収まるサイズです。

ドールハウス

写真を撮るときに背景のバリエーションが多い方がいいかなと思ったので、壁と床はパネル式で入れ替え可能。
写真を撮るときに好きな組み合わせを選んでテープでくっつける感じにしました。

ドールハウス

そしてこのセットを背景に撮った写真がこちら↓

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

カメラを変えて遠近法も意識。
なんだかいい感じに撮れていませんか?

ドールハウスの材料

上のような写真が撮れるドールハウス。
材料は全て100均(ダイソー&セリア)で用意しました。

ドールハウスの材料
ダイソーで購入したもの
  • 貼れるボード
  • カラーボード
  • リメイクシート
  • デコパージュ
  • デコパージュ専用液(オールマイティ)
  • デコパージュ仕上げ液
  • フォトフレーム
MEMO
壁紙と床は、貼れるボードorカラーボードで作成。
2つの違いは粘着面の有無。
貼れるボードは両面が粘着面になっています。
壁紙のバリエーションが欲しかったので、ボードは多めに購入。

全てカラーボードでもいいかもしれませんが、接着面が使えた方が便利かなぁと、
・リメイクシートを貼る用に貼れるボードを6枚
・デコパージュ用にカラーボードを2枚
の計8枚を購入しました。

また、セリアでも壁紙用のリメイクシートなどを購入。

リメイクシート
芝生調シート
セリアで購入したもの
  • リメイクシート
  • 芝生調シート
  • 窓枠
  • 造花などの小物

材料費はトータルで2,000円程。
これらの材料でドールハウスを作っていきます!

100均の材料で作るドールハウスの作り方

ボードにリメイクシートやデコパージュを貼り、壁や床を作ります。
本来はそのまま貼って利用するリメイクシートなども、一工夫することでドールのサイズ感にあったものに!

ボードの準備

ダイソーで購入できる「貼れるボード」と「カラーボード」はどちらもサイズが450×300×5mm。
木製のボードもありましたが、重さやカットのしやすさからこちらのボードを選択しました。

貼れるボード&カラーボード

片側の壁と床はこのサイズのままでOKですが、ドールの背面に置く壁はこのままではサイズが合いません。
2枚のボードを組み合わせて作ります。

ボード

2枚のボードを横に並べ、下に置いたカラーボードの長辺側と合う長さ(赤い点線)でカット。

ボードの作成
カットしたボード

ボードの片側にボンドを塗ってくっつけることで背面サイズの大きなボードに。

ボードの作成

必要な枚数これを作成すれば、ボードの準備はOK。

サイズ調整で一工夫!
リメイクシートを使った壁&床の作り方

リメイクシートは片面が粘着テープになっているので、簡単に貼り付けることができます。
リメイクシートを使って壁や床を作る場合の材料はこちら↓

壁や床の材料(リメイクシートを使う場合)
  • リメイクシート
  • 貼れるボード(ダイソー)

無地のリメイクシートならそのままボードに貼ればOKですが、柄の入ったシートの場合、サイズを調整しながら貼ることでよりドールにぴったりなサイズ感の背景に仕上がります。

リメイクシート

タイル調の壁の作り方

ダイソーで購入したタイル調のリメイクシート。
絵(写真)ですが、立体感のある本物のタイルが並べられているよう。
人間サイズならそのまま貼ればOKなアイテムですが、ドール用なので正方形のタイル部分を4等分にカットしたサイズで貼り付けていきます。

タイル調の壁作り
https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

1cm四方位にカットしながら貼るという超地道な作業。
娘に手伝ってもらいながら2時間以上かけて仕上げました(汗)

立体感のあるミニタイルの壁ができあがりました!

タイル調の壁

床の作り方

こちらもダイソーで購入した木製床のリメイクシート。
そのまま貼ると床板の幅が広すぎるので、2cm位の幅でカットしてから貼り付けました。
はみ出た不要な部分は最後にカット。

床の作り方
MEMO
カットしたものは向きを交互に変えて貼るのがポイント。
同じ向きに貼り付けてはカットした意味が薄れてしまうので。
元々のシートに描かれている板と板の間の黒い部分は、主張が強いのでなるべく避けて貼るようにしました。
床
https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

貼れるボードのシートを剥がしてから接着面にリメイクシートを貼りましたが、接着面同士をくっつけるためか、失敗したときも剥がしやすかったです。

無地の床の場合…リメイクシートの貼り方のポイント

柄のあるリメイクシートではなく無地のものなら、そのまま貼りたいところ。
しかし、シワを作らずに一度に貼るのはなかなか難しいもの。
45×90cmのリメイクシート。
ボードのサイズが45×30なので「横幅が同じ!」と思い、ボードと同じサイズにカットしてから貼ってみましたが、結果ずれた仕上がりに(汗)

ボードとジャストサイズにシートをカットしてから貼るのは、難易度が高いです。

無地のリメイクシート

ボードをカバーする位のサイズでシートを用意した方が、ずれなくシワなく仕上がるのではないかなと思います。

また、ストライプの壁紙は色の分かれ目でカットして少しずつ貼ったところ、シワなくきれいな仕上がりに。
一度に全て貼るのがうまくできるか不安な場合は、数センチずつカットしながら貼れば失敗は少ないかと思います。

リメイクシートのしわ
MEMO
リメイクシートは裏にマス目がついています。
必要な長さでカットしやすい!

デコパージュを使った壁や床の作り方

リメイクシートを使う以外にも、デパコージュを使って壁や床を作る方法もあります。

デパコージュとは…
薄い紙に描かれた柄や模様を写し貼る方法のこと。
デコパージュ

無地のカラーボードにデコパージュペーパーを専用液で貼り付けていきます。

壁や床の材料(デパコージュを使う場合)
  • カラーボード(ダイソー)
  • デパコージュペーパー
  • デパコージュ専用液
  • デパコージュ仕上げ液

ちなみにダイソーのデパコージュペーパーは、5種類のデザインがセットになっています↓
今回は、この中から一番上のレンガ柄を使用!

デコパージュペーパー

デコパージュを使った壁の作り方をご紹介。
1.カラーボードにデパコージュ専用液を垂らし、筆で満遍なく広げていきます。

デコパージュ専用液を塗る

2.デコパージュペーパーを数センチずつカットして貼っていきます。
一枚の紙を一気に貼るとシワになりやすいので注意!
(分割した割にシワになっていますが(汗)↓)

デコパージュペーパーを貼る

3.全面に貼り終えたら不要な部分をカットし、更にデパコージュ専用液を上から塗っていきます。

デコパージュペーパーの貼り付け
注意
シワができてしまったら剥がしてやり直したくなりますが、一度貼り付けたデコパージュペーパーは剥がすと破れる可能性が!
慎重に貼ることをおすすめします。
デコパージュ専用液を塗る

4.乾いたら今度はデパコージュ仕上げ液を同様に上から塗ります。

デコパージュ仕上げ液

5.自然乾燥させたら完成です。

レンガ調の壁

一応完成はしましたが…

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

結局シワは寄ってしまいましたが、これは味と思うことに。
水分を含ませるせいか、若干ボードが反ってしまったことも気になる…
デコパージュ、課題が多いです(汗)

ドールハウスをもっと華やかに!
100均の小物をプラス

壁や床ができたら、小物も投入すると温かさや華やかさがアップ!

窓枠でお部屋感をプラス

セリアで丁度いいサイズの窓枠が売っていました。
ブラウンのみしか置いていなかったので、アクリル絵の具で白く塗ることに。
アクリル絵の具も100均(セリア)で購入!

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

子供に手伝ってもらったのでムラになってしまいましたが、手作り感&ナチュラル感が出ていい感じ♪

窓枠作成

この枠の裏に水色の紙を貼り付け、壁にテープで貼って使用することに。

造花で明るい雰囲気に

背景を彩るアイテムとしてお花などの小物も用意。
全てセリアの商品です↓

小物

作成したボードを組み合わせ、裏側からマスキングテープで固定。
小物を置けば撮影準備万端です。

ドールハウス
MEMO
「結局ボードは何枚あればいいの?」と疑問の方もいるかもしれないのでご参考までに。

上の画像は床にボードを2枚。
左側の壁に1枚。
後ろに大きなサイズに調整したボードを2枚置いています。
少し離れて撮影するならこれ位あった方が見切れる心配がなく安心できますが、インスタ用の画像を撮るのなら床1枚、横1枚、後ろ1枚でも大丈夫かなと思います。

インスタ画像の変化

これまでは、自宅の壁際でスマホのカメラで撮った写真をアップしていました。
こんな感じ↓

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
もふ

なんだか背景がさえない…

そして、今回作成したドールハウスをセットして撮ったものがこちら!

一気に温かみが増した感じに!
他にもブライスをモデルにしてこんな写真も撮れました♪

ブライス写真

今まで「いいね!」は多少頂けてもフォローして下さる方は増えない状況でしたが、背景を変えてから一気に20人近く増加!
コメントを頂けることも増え、嬉しい限りです(涙)

まとめ

撮影用ドールハウスの作り方を紹介しました。
100均の材料だけでも、なかなかいい感じになったと思います。
100均によって置いてあるリメイクシートの柄が違うので、色々見てみるのも楽しいかも♪

ボードはマスキングテープで固定しているだけなので、剥がして別の組み合わせに簡単に変えられます。
服の雰囲気に合わせて背景を変えられるので、ドールにぴったりの映えた写真が撮れるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です