ドール服の型紙の作り方と公開までのプロセスを紹介

型紙

作成レポートを投稿している中で、これまでにぽぽちゃん、メルちゃんの型紙を公開してきました。
ご覧になって下さった方の中には疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「型紙どうやって作ってるの?」と。

私は洋裁を学んだこともない素人です。
寸法を測ったからといってCADも使えませんから形に出来ません。

しかし・・・・

それでも型紙は作れます!

予備知識がなくとも、シンプルな方法で型紙を作ることは出来ます。
知識に長けた方から見れば雑な方法かもしれませんが、初心者でも素人でも出来る手法としてのご参考までに。

今回は型紙作成から公開までのプロセスとして

  • お人形の型をどうやって取っているのか
  • どうやって型紙に起こしているのか
  • 手描きの型紙をどうやって清書しているのか

についてご紹介させて頂きたいと思います。

ラップを使えば簡単! お人形のボディから型取り

私が行っている方法は、型紙を作りたい人形から直接型を取るやり方です。
取った型を紙に写して型紙を作ります。

お人形のボディから型取り 用意するもの

  • モデルとなる人形
  • ラップ
  • セロハンテープ
  • 油性マジック
  • メジャー
  • 定規
  • はさみ(糸切りはさみや眉用のはさみ等細かい部分が切れるもの)
  • 筆記用具

お人形のボディから型取り やり方

1.人形の体にラップを巻き付ける

裸にした人形の体に適当な長さに切ったラップを隙間なく巻き付けます。
手首や腕の付け根、間接部分は緩まないようにラップの上にテープを巻き付けます。
胸やお腹周り等この後マジックでラインを入れる部分にもテープを巻き付けます。

MEMO
写真では全身にラップを巻き付けていますが、今回はトップスの型の取り方を解説します。
その為、トップスやワンピースだけ作ることが出来ればいいという場合は、ラップの巻き付けは上半身のみでOKです。
メルちゃん型取り

2.人形の体にマジックでラインを入れる

服を作る時の目安となるラインをマジックで描いていきます。
私は、以下のラインを入れました。

  • 首元
  • お腹
  • 腕の付け根
  • 体の中心(左右に二分する線)
注意
この時、マジックが人形に付かないように気を付けます。
マジックでラインを描く部分にはテープを巻き付け、隙間がないようにします。
メルちゃん型取り
メルちゃん型取り(後ろ)

3.型を外す

背中の中心線からゆっくりと型を切って外していきます。
背中、首、肩、お腹のラインで切ります。
腕は脇の下から手首にかけてまっすぐ切ります。

型を切り取る

↑こんな感じのパーツに分かれるので、これを紙に写していきます。

手描き型紙の作成 描き方のポイントも紹介

切り取った型を広げ紙に乗せ、これを写して型紙を作ります。

身頃の型の写し方

首元や肩から脇にかけてなどカーブしている部分から先に写します。

袖のない服の場合
ノースリーブのワンピースなど袖のない服の型紙を作る場合は、型通りそのまま袖のラインを写します(下の画像の赤い線)。
袖のある服の場合
Tシャツ等袖のある服の型紙を作る場合は、そのままのラインだと袖を付けた時に腕が通らない、または通りづらい場合があるので、少し余裕を持たせる為に脇に向けてのカーブを少し広げて紙に描きます(下の画像のオレンジの線)。

また、この型は体に直接ラップを巻き付けてとったジャストサイズの型なので、ウエストライン等もこのまま描き写しては出来上がる服に余裕がありません。
下の画像の青い線のように、型より幅を少し広げて身幅を取ります。

メジャーで人形のウエスト周り等を測って身幅がどれ位あれば丁度よく着用出来るか考えながら長さを決めます。

身頃の型を紙に写す

袖の型の写し方

袖の型の一番山になっているところからのカーブを紙に写します(下の画像の赤い線)。
このカーブが袖の付け根になります。

上で描いた「袖あり」の身頃の肩から脇までの長さと、袖のカーブの長さが大体等しくなるようにカーブの長さを足します(下の画像のピンクの線)。

袖の長さを決めて裾の部分を書き足します(下の画像の青い線)。
型紙上では袖は半分だけ記入しているので、以下のような形で仕上げます。

袖の型を紙に写す

ここまでで仕上がり線が描けました!
更に縫いしろを足すため、0.5cm位外側に縫いしろを含めた線を書き足します。

こんな感じで手書きの型紙が完成しました。

手描き型紙

この型紙を使って服が作れるか、実際に作って確かめます。

個人的に楽しむのであれば、この段階で清書して終わりでもいいかもしれません。

手描きの型紙をデータ化 型紙アップロードから公開まで

今度は作成した手描きの型紙をブログで公開するまでの流れを紹介します。

もしかしたら、なんと効率の悪い・・・と思われる方法をとっているかもしれませんが、こんなやり方もあるんだなぁ位に流して頂けたらありがたいです。

1.清書した型紙をスキャンしてPCに取り込む

A4の紙に清書した型紙をスキャンしてPCに取り込みます。

2.ペイント3Dで型紙を編集する

ペイント3Dとは、Windows10で標準インストールされている画像編集アプリケーションです。

ペイント3Dの「2D図形」では4点曲線や5点曲線が使え、袖ぐりや腕の付け根等のカーブを簡単に表現出来ます
また、「塗りつぶし」を使えば、スキャン画像に見られるしわや汚れを消して、まっさらな状態に出来ます

ポイント
ペイント3DではPDF形式のデータは読み込めません。
我が家ではスキャンデータを取り込む時PDF形式になってしまいますが、全画面表示させ、画面コピーしています。
これを画像データとして保存し、ペイント3Dで開いて編集しています。

型紙編集の手順

1.ペイント3Dを開き、型紙の画像データを開きます。
2.直線や4点曲線や5点曲線を使い、手描きの線の上をなぞるように線を乗せていきます。
3.その後、白で「塗りつぶし」を行います。

ペイント3D準備
ペイント3D編集

編集前と編集後の画像を比べてみました↓
手描きの線がほぼほぼ再現出来ていると思います。
また、塗りつぶしをしたお陰で背景も綺麗になりました。

3.canvaで編集、ダウンロードする

canvaとは、無料で画像編集が出来るグラフィックデザインツールです。

Webブラウザ上で使用できるのでソフトのインストールは不要です。
写真を取り込んでの画像の編集、イラストやテキストの追加等、自由度の高い編集が行えます。

作成したいサイズへ画像のサイズを変更出来PDF形式へのダウンロードも出来ます。

A4サイズの型紙をPDF化する手順

1.canvaを開き、作成したいデザインのサイズを選択出来るので、「A4」を選択します。
2.ペイント3Dで編集した型紙の画像をアップロードし、表示されたサイズに合わせるように画像を拡大します。

3.テキストエディタを使い、「前身頃」等のパーツ説明など必要事項を入力します。

canva編集

4.右上のダウンロードボタンを押し、「PDF(印刷)」を選択してダウンロードします。

canvaダウンロード

これできれいに編集されたPDF形式の型紙が完成しました。
これを実際に印刷して手描き型紙と大きさを比べ、出来栄えを確認してから公開するようにしています。

まとめ

私なりの型紙の作り方、公開の仕方を紹介しました。

手描き型紙を作成する際にも画像編集の際にも、丁寧に行うようにはしていますが、大体こんなもんかなとアバウトになっている部分もあります(汗)
それでも一応人形たちが着られる服には仕上がっていますので、こんな方法もあるんだなぁと留めて頂けたらありがたいです。