ミシンなしではドール服は作れない?初心者がドール服を作ってみたら…

ちいぽぽちゃん

これまで洋裁が趣味だった訳でも何でもない私ですが、娘にちいぽぽちゃんを買ってあげたのを機に人形の服を作ってみようと思い始めました。

しかし、その当時家にミシンはなく・・・

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
mof(もふ)

服って手縫いで作れないのかな?

手縫いで出来るものならばと、家にある針と糸だけでちいぽぽちゃんの服作りを試みることにしました。
結果、一応手縫いでも完成はしましたが、一着作ったことによりもっと作ってみたいと思うようになり、結局ミシンを購入するに至りました!

しかし、ミシンはほぼ初心者の私。
ミシンが手に入ったからと言って、さっと服が縫えるはずはありません。
試し縫いで縫い始めれば延々下糸が絡まったり、ボビンに糸を巻けば失敗してボビンじゃなくて軸の方に巻き付けてしまったり(これは今でもたまにやる失敗) 。

それにそもそも針を刺した後って直進すればいいだけ?
玉結びとかしなくていいの?
なんて縫い方すら分からず。かなり悪戦苦闘していました。

「これからドール服を作ってみたいな」とか「ミシンは初心者で・・・」という私のような方もいるのではないかと思いまして、今回は自分の経験談を交えながら初心者の疑問点についてまとめていこうと思います。

ミシンがないとドール服は作れないの?

服を作ってみたいなと思い至ったものの、家にミシンがない。
ミシンって安いものではないですし、ちょっと作ってみたい位の気持ちでミシンを買うという行為に私は踏み出せませんでした。
でも、服は作ってみたい・・・

そんな状況の中思いついたのは、着古した服からリメイクすることでした。

着古した服をリメイクすればドール服が作れる

手縫いの場合、一から全て自分で縫って作るのは大変です。だからなるべく縫うところを減らしたい!
そこで、着なくなった自分の服をドール服にリメイクすることを考えました。
既に縫製されているところを使えば手縫いをする箇所が減るからです。
具体的にはシャツの前側の裾あたりを使うことにしました。

そして実際に作ってみたちいぽぽちゃんの服がこちら↓です。

手縫いのドール服(前)
手縫いのドール服(後ろ)

シャツの裾部分を使い、前側の裾を後ろ身頃に充てたことでドール服に直す際に裾と背中を縫う必要はなくなりました。
ボタンで留めればいいかなと思いマジックテープすら付けていません。

手縫いのドール服(中)

こんな出来ですが、完成した時は嬉しかったです。
ミシンがなくとも手縫いでドール服を作ることは可能でした。

手縫いの場合のデメリット

とりあえずちょっと作ってみたい位の気持ちなら手縫いで挑戦するのはアリだと思います。
しかし、手縫いの場合はやはり縫うのに時間がかかります。ミシンで縫えば一分もかからないところでも手縫いだと数分かかります。
着古した服を使っているので縫う箇所が減ってはいますが、ミシンがあったらすぐ縫い終わるのになぁと何度も思いました。
そして、 裁断した布は切りっ放しなので襟ぐりや袖のあたりのほつれが目立ちます。

ミシンの購入を躊躇っていた私ですが、この一枚が完成したことでもっと服を作りたい、今度はミシンを使って作ってみたいと思うようになり、ミシンを購入することに決めました。

ちなみに私が購入したのが↓のコンピュータミシンです。

楽天のランキングで上位だったこちらを購入しました。
見た目もシンプルで持ち運びもしやすいです。
私は主にドール服作成と幼稚園用品を作ることに使用していますが、簡単なものを作るのであれば機能は十分だと思います。

布の表と裏の見分け方

着古した服からのリメイクからではなく、自分で布を買って服を作る場合。
「布の表と裏の見分け方は?」と疑問に思うことありませんか?

↓のように一見して表と裏がわかりやすい生地ならいいですが、そうでない場合、私はよく迷いました。

布の表と裏の見分け方(柄)

しかし、見分け方のポイントを知ったことで表と裏で迷うことは減りました。
以下に簡単な見分け方を紹介します。

布の表と裏の見分け方 その1

生地をよく見た時に斜めのラインが入っている場合。
生地を縦横にそれぞれ引っ張っり、伸びやすい方向、伸びにくい方向を確認し、伸びにくい方向が縦になるように置きます(下の画像の矢印は伸びにくい方向を示しています)。
そして生地の織目をよく見ます。

カタカナの「ノ」の字のように右上から左下にラインが見える方が生地の表です。反対に左上から右下にラインが見える方が裏です。

布の表と裏の見分け方(綾織)

布の表と裏の見分け方 その2

他の見分け方としては生地の耳を見て見分ける方法があります。
耳の側にある穴が下から上に突き刺しているような跡になっている方が表と言われています。

下の画像では左側が下から上に突き出たような跡になっているので、こちらが表です。

布の表と裏の見分け方(針穴)

表と裏が判断出来ない場合

上記の見分け方を知ってから表と裏で迷うことは減りましたが、生地の織り方が異なり斜めのラインがなく、また耳も残っていない場合等どうにも表裏が判断出来ない場合があります。

そういう場合はどうすべきか・・・

私は好きな方を表と決めて使っています。
自分が一見して判断出来ないってことは他の人もそう簡単に表と裏はわからないのではないかなと思いますし。間違えていたとしても、必ず布の表を服の表にしなければいけないなんてルールもありません。

わからない場合は自分で決めてしまうようにしています。

縫いはじめと縫い終わりってどうすればいいの?

私がミシンを使い始めてすごく疑問に思ったことです。
(もしかしたら家庭科の授業で習うことなのかもしれませんが、そんな昔のことはすっかり忘れていたので・・・)

手縫いの場合は初めと終わりに玉結びをして糸が抜けないようにしますが、ミシンでも玉結びすればいいの?なんて考えて本当に玉結びをしていたことがあります。
しかしミシンの細い糸での玉結びは割と簡単に解けてしまい、流石にこれは違うなと気付きました。
そして、返し縫いのボタンの存在にも・・・

もしかしたらこれは知っていて当たり前の話なのかもしれませんが、ミシン初心者で私のように困っている方もいるかもしれないと思いまして、縫い始めと縫い終わりの処理の仕方を紹介します。

縫い始めと縫い終わりの処理の仕方

縫い始めのやり方は、
①針を刺して3、4針縫ったら一度ストップする
②返し縫いでスタート地点に戻る
③縫い終わりの地点まで縫い進める
縫い終わりの処理の仕方は
①縫い終わりの地点で一度ストップする
②返し縫いで3、4針戻る
③再び縫い終わりの地点まで縫い進める

同じラインを往復して縫うことでほつれにくくなるのです。
意図的に糸を引っ張っていけば糸は解けますが、何もしなければほつれることはありません。
ギリギリのところで糸を切ってしまっても(玉結びなどしなくとも)一目位はほつれるかもしれませんが、これ以上ほつれていくということは殆どありません。

まとめ

ドール服作成を始めた当初によく思っていた疑問点についてまとめてみました。
布の表と裏の見分け方やミシンでの縫い始め、縫い終わりなんて少し慣れた方からすれば初歩の初歩過ぎる話かもしれませんが、初めの頃私はとても疑問に思っていました。

そしてドール服を作りたいならミシンは必須と主張する気はありませんが、ミシンを買ったことで格段に作業スピードは上がり、出来ることが増えたので購入してよかったと思っています。

娘が喜ぶかなと思って始めたことですが、最近では完全に服を作るということも服のデザインも私の趣味になっています。