普通のハンドタオルをループ付きタオルに簡単アレンジ

ループ付きタオル

娘の通う幼稚園では毎日タオルを持っていくことになっていますが、そのタオルはループ付きのものと指定されています。
子供用品を置いているお店にいけばループ付きタオルはありますし、3月のこの時期は入園準備のシーズンなのでいつもよりたくさんの商品が置いてあるように思います。
だから素直にループ付きを購入してもいいのですが・・・

1枚ならまだしもタオルは毎日使うので何枚も必要なもの。

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
mof

これって普通のタオルに自分でループを付ければ安く済むのでは・・・

なんて考えて、私は自分でループを付けて娘に持たせています。

超簡単に出来ますので、今回はこのループ付きタオルへのアレンジ方法を紹介したいと思います。

ループ付きタオル 材料

  • ハンドタオル
  • 布・・・・・・・・・8cm × 8cm位
  • ループ用の紐・・・・16cm位

ループ付きタオルへのアレンジ方法

上の画像のようにタオルの裏側の一角にループを付けます。
タオルの角に紐を置き、その上に三角形にカットした布を被せて縫い付けます。

ポイント
タオルの角は直角なので、縫い付ける布は直角二等辺三角形になるようにカットします。

布の端は裏側に折り込むので、下の図ような感じでカットします。
仕上がり線で折った時に表から見えてしまう縫いしろは、更にカットするか見えないように折り込みます。

布の切り方

半分に折った紐を角に乗せその上に布を置き、布の端から0.1~0.2cmのところをぐるっと一周縫います。

これだけで完成です!

ループ部分
ループ部分(裏)

三角形に折った布が多少歪だとしても、子供はタオルの柄は見てもここの形なんて殆ど見ていませんので紐がきちんと縫い付けられていて紐の端が隠れていればいいかなと思います。

まとめ

ループがないけど気に入った柄のタオルや、家にあるタオルでも簡単にループが付けられます。

私は年に一度位の頻度でタオルを交換するのでこのループ付けをやっています。
タオルの端って少し厚くなっていますし、そこに紐をつけるなんてミシンの針が通らないんじゃないかなと思い去年は手縫いでやりましたが、1枚仕上げるのに15~20分位かかりました。

今年もこの作業をやるに当たって試しにミシンを使ったところ、なんと何の問題もなく縫えました。
トータル10分もかからず出来ましたし、手縫いより断然仕上がりが綺麗です。
(なんで去年手縫いでやったのかと後悔したくらいです)