ダイソー材料でファー巾着バッグを作る!なめらかスヌードからのアレンジ方法

ファーバッグ

秋冬に持ちたいファーの巾着バッグ。
ファー生地って手芸店に行かないと手に入らないのかなと思っていましたが、100均のファー小物から生地の用意は可能!

ダイソーの「なめらかスヌード」を使用してファー巾着を作ってみました。
ここでは、100均材料を使用したファー巾着バッグの作り方をご紹介します。

ファー生地をダイソーで入手!

秋冬からダイソーで見かけ始める「なめらかスヌード」。
肌触りのいいファーで首元を温められる人気商品。
100均にしては珍しく300円商品ですが「ホントに300円?」と思うほど高見えするアイテムです。

なめらかスヌード

手触りもよくこのままでも素敵に使えそうなアイテムですが、これをファーバッグに作り変えることに!

この形を活かして……ということではなく、単純に糸を解いて一枚の生地に戻してからバッグを作ります。

ひねりのあるデザインなため、生地のサイズも結構大きい!
手頃なサイズのファー生地が安価で手に入るので、こちらのスヌードを使うのがぴったりです。

もふ
もふ

ダイソーでもファー巾着は売っていますが、サイズがかなり小さい!
大きめサイズがほしい方は手作りしてみてはいかがでしょうか?

ファー巾着バッグ 生地の準備

バッグを作る準備として、スヌードを1枚の生地に戻します。
縫い目の糸を切り、生地を開きます。

なめらかスヌードを1枚の生地に戻す

縫い目は結構粗いので簡単に糸は解けます。

なめらかスヌードの縫い目は粗め

糸を全て解くと1枚の生地に。
80cm × 48cm位のサイズです。

この生地を元にバッグを作っていきます。

ファー巾着バッグ なめらかスヌードを1枚の生地に
もふ
もふ

この生地1枚で大きめのバッグなら1つ、小さめのバッグなら2つ作れます。

ファー巾着バッグ 材料

子供用にいい小さめサイズ大人の荷物もたっぷり入る大きめサイズ
それぞれを作るのに必要な寸法はこちら。

小さめサイズ
  • ファー生地・・・・48cm × 36cm位
  • 裏地用の布・・・・48cm × 36cm位
  • 紐・・・2本
大きめサイズ
  • ファー生地・・・・72cm × 42cm位
  • 裏地用の布・・・・72cm × 42cm位
  • 紐・・・2本
材料は全て100均で入手可能

ファー生地はもちろん、裏地用の生地も100均(ダイソー)で購入しました。
ツルツルとしたポリエステル素材の生地を購入。

巾着の口を閉じるための紐は靴紐を使用。
材料費は合計で550円でした!

ファー巾着バッグ 作り方

1.生地を裁断する

まず、作りたいサイズでファー生地を裁断します。

大きめサイズの場合は……

なめらかスヌードを開いたままのサイズでは少し大きいかと思うので、「材料」で示したサイズにカットした方がシルエット的にも使いやすさ的にもいいサイズ感で仕上がるかと思います。

小さめサイズの場合は……

開いたファー生地を半分にカットしたくらいのサイズで作ります。

なめらかスヌードを開いて1枚の生地にしたら、長辺側を半分にカットします。
カットした端から4cm程のところでさらにカットします。

ファー巾着バッグ 生地をカット
もふ
もふ

でき上がりのバッグの口が広すぎると、紐を絞ったときにうまく閉じないことも……
口を小さくするために4cm程カットしました。

裏地用の生地も、表地(ファー生地)と同じ大きさにカットします。

ファー巾着バッグ 裏地をカット

2.表地と裏地を縫い合わせる

表地と裏地を中表に合わせ、まち針で固定します。
(生地の短辺側が縦、長辺側が横になるように置いています↓)

ファー巾着バッグ 表地と裏地をまち針で留める

両端から4cm位のところを縫い合わせます。

ファー巾着バッグ 表地と裏地を縫い合わせる

3.返し口・紐通し口を開けてサイドを縫う

袋の口が中心にくるように表地、裏地をそれぞれ中表に合わせます。
このとき、2で縫った際の縫いしろを開いておきましょう。
袋の口を中心でしっかり合わせたら、ずれないようにまち針で固定します。

裏地側に返し口を8cm位、表地側に紐通し用の口を3cm程開けてサイドを縫います。

ファー巾着バッグ 返し口・紐通し口を開けて縫う
ファー巾着バッグ サイドを縫う

4.マチを作る

表地、裏地それぞれの底にマチを作ります。
以下のようなサイズ感になるように底の端を三角に折って縫います。

  • 小さめサイズ・・・底辺8cm、縦4cmの三角形(下の画像)
  • 大きめサイズ・・・底辺20cm、縦10cmの三角形

下の画像は表地のマチの写真ですが、裏地も同様のサイズ感でマチを作ります。

ファー巾着バッグ マチを作る

全てマチを作り終わるとこんな感じ↓

ファー巾着バッグ マチを作る

5.表に返して紐通し口を縫う

生地を表に返します。
袋の口から3cmくらいのところを縫い、紐通し口を作ります。

ファー巾着バッグ 袋の口を縫う
ファー巾着バッグ 袋の口を縫う

裏地側から見るとこんな感じ↓

ファー巾着バッグ 袋の口

6.返し口を縫い合わせる

返し口を縫い合わせます。
ミシンでも手縫いでもOKです。

ファー巾着バッグ 返し口を縫い合わせる

7.紐を通す

紐通し口に紐を通せば、完成です!

MEMO
紐通しがない場合は、安全ピンを使うと楽に紐を通せます。
ファー巾着バッグ ひもを通す

ファー巾着バッグのサイズ感について

左が小さめサイズ、右が大きめサイズで作ったものです。

ファーバッグ
もふ
もふ

重いものを入れすぎると重みでバッグが伸びて見えるので、なるべく詰め込みすぎないようにした方がよさそう。

ファー巾着バッグ

小さめサイズは子供が使うのにぴったり!
子供(3歳)が持つとこんな感じです↓

ファー巾着バッグ 子供使用

ちなみに紐は伸びる靴紐を使用。
伸びるので頭を通して斜め掛けにもできるので便利です。

まとめ

ダイソーのなめらかスヌードの生地を利用した、ファー巾着バッグの作り方をご紹介しました。

ファー生地が滑る所為で真っすぐ縫えていないところもありますが、毛足が長いお陰でミスが目立ちにくいです。
生地の端の処理なしでもOKなので、手間も少なく作れます。
材料費550円で作れる巾着バッグ、簡単にできるのでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA