ブラのワイヤーが痛い!ワイヤーの抜き方&痛みの原因をチェック

水着

ネットで購入した水着。
色や素材は気に入ったものの、着てみるとブラのワイヤーのせいで痛みが!
これはもうワイヤーを取ってしまおう!と決意して抜いてみました。

ここではブラのワイヤーの抜き方、ワイヤーで痛みが出る原因についてご紹介していきます。

ブラのワイヤーを抜くのって実は簡単!

ブラのワイヤーは胸の形をきれいに見せるために入っているもの。
そのため「外してはいけないのでは?」という気がしてしまいますが、痛みを我慢しながら使うのも辛い……

  • 頻繁に使うものでもないから買い直ししたくない
  • ラッシュガードを上に着るので胸の形に拘りたいわけでもない
  • とりあえず痛みとさよならしたい

ということで、ワイヤーを取ってみました。

ワイヤーの抜き方

1.ワイヤーの先端の位置を確認します。(下の画像の白い矢印のところ)
どちらか一端に被る布をはさみで軽く切り、ワイヤーを取り出せるくらいの穴を開けます。

ワイヤーの先端

2.開けた穴からワイヤーを引っ張り出します。

ワイヤーを抜く

3.1で開けた穴を糸で繕って塞ぎます。

開けた穴を閉じる

反対側のワイヤーも同様に抜けば完了!
思いの外簡単に抜くことができました。

しかし……取り出したワイヤーを見てびっくり!
片方のワイヤーが歪んでいました!

もふ
もふ

洗濯の際に曲がってしまったのかなぁと思いますが、こんなことになっていたとは……
これが痛みを増していた原因かと思います。

歪んだワイヤー

ワイヤーなしとワイヤーありの違いは?

ワイヤーを取ってみると、ワイヤーありの場合よりブラがくたっとしてしまいました。
しかし、結構厚めのパッドが形をキープしているので、触った感じはくたっとしていますが、見た目には大差ないように思います。

実際身に着けてみれば全く痛くない!かなり快適です。

私の水着はブラの上と下にゴムが入っているので、胸の上とアンダーバストでフィットするもの。

水着

パッドもしっかりしているので、ワイヤーがないからずれるとか見た目が情けなくなったとかは全くなく、マイナス面はほぼないように思いました。

mof(もふ)
mof(もふ)

このワイヤーを抜いた水着で実際にプールに行ってきました。
ワイヤーがないからずれたり違和感があったり……なんてことは全くなく、むしろ今までで一番快適でした!

ブラのワイヤーで痛みを感じる理由は?

水着だけでなく下着のブラに関してもワイヤーが痛くて悩んでいる女性は多いよう。
その原因としては、以下の理由が考えられます。

  • ブラのサイズが合っていない
  • ワイヤーが変形してしまっている
  • ブラを付ける位置が低い

痛みを感じる場所も以下のように様々。

  • 胸の中央
  • みぞおち

胸の中央のワイヤーが刺さって痛い

ブラの中央のワイヤー

ブラのサイズが合っていないことが原因。
カップサイズが小さい所為で体にくい込んでしまっているかもしれません。
または、アンダーサイズが小さいブラを使っているせいで締め付けられている所為かも。

脇のワイヤーが痛い

ブラの脇のワイヤー

ワイヤーの幅と胸の幅が合っていないことが原因。
ワイヤーが大きすぎて脇まで届いてしまっているせいで先端が当たって痛みを感じているのかも。

みぞおちのワイヤーが当たって痛い

ブラのみぞおちのワイヤー

こちらもアンダーサイズが小さい所為で締め付けられるために痛みを感じているかもしれません。
もしくは私もそうでしたが、ワイヤーが歪んでしまっている所為かも。

ブラのワイヤーが痛い!という悩みから解消されるには

最もいいのは水着でも下着でも、試着して確認することだと思います。
ワイヤーは胸の形をキープするためにあるものなので、それが体にフィットしているか試着して確かめてみることが大事かなと思います。

それでも時間が取れなくてお店に行けない、ネットで購入派も多いはず。
ネット購入の場合は衛生面上返品できない場合もあるので注意が必要です。
返品できなくてお悩みの方は私のように思い切ってワイヤーを抜いてみるのも手かもしれません!

もふ
もふ

全てのブラがワイヤーを抜いても大丈夫!とは保証できませんので、自己責任でお願いしますが(汗)

もしくは、最近はノンワイヤーも多いので、はじめからノンワイヤーを選んでおけばワイヤーの痛みとは無縁のはず。

まとめ

水着のブラのワイヤーの抜き方とブラのワイヤーが痛い原因について紹介しました。

ワイヤーが痛い、でも本当に抜いていいものか……とかなり悩んだ末に決行しましたが、特に問題ありませんでした。
痛みを我慢して使い続けるくらいなら、抜いてしまうのもアリだと思います。