キルティング生地で作るレッスンバッグ(マチ付き)の作り方

キルティング生地で作るレッスンバッグ

幼稚園や習い事などで使うレッスンバッグ。
キルティング生地を使った裏地なしのシンプルなバッグの作り方をご紹介します。

仕上がりサイズは縦30cm × 横40cm マチ付き(マチ8cm)

マチはいらないという場合は、マチを作る工程を省いて頂ければOKです。

キルティング生地で作るレッスンバッグ 材料

仕上がりサイズは、縦30cm × 横40cm マチ付き(マチ8cm)
レッスンバッグの材料はこちら。

  • キルティング生地・・・縦70cm × 横50cmくらい
  • 持ち手用テープ・・・・40cm × 2本

生地とテープがあればOKなので用意はシンプルです。

キルティング生地は水通しした方がいい?

生地を水通ししないで作ると、洗濯した際に縮んでしまう心配が……

もふ
もふ

縮みが心配で事前に水通しをしましたが……

それでも洗濯を繰り返す内に「ちょっと小さくなった?」という違和感が。

事前に水通しすればその後は絶対縮まない……とは言い切れないように感じます。
洗濯を頻繁にするかもという方ははじめに水通しをしつつも最初から1、2cm大きめで作ってもいいかもしれません。

使用した生地はこちら

ちなみにここで使用しているのは、水彩タッチ ちょうちょ柄のキルティング生地。

持ち手は手芸屋さんやネットでも購入できますが、100均でも購入可能です。

キルティング生地で作るレッスンバッグ 作り方

レッスンバッグの作り方をご紹介していきます。

1.生地を裁断&生地の端を処理する

「縦69cm×横43cm」に生地をカットします。

キルティングレッスンバッグ 裁断

カットした生地の端をジグザグミシンや裁ち目かがり縫いをし、端がほつれないように処理します。

キルティングレッスンバッグ 端の処理

2.持ち手を仮留めする

生地の表側に持ち手用テープを縫い付けて仮留めします。
生地の端にテープの端を合わせて置き、端から0.5cmくらいのところを縫います。

もふ
もふ

持ち手の幅は12cmくらいがいいかなと思います!

キルティングレッスンバッグ 持ち手を付ける

3.サイドを縫い袋状にする

中表に半分に折り、生地の両端から1.5cmのところを縫います。
この後両端にジグザグミシンをかけると仕上がりが綺麗かなと思います。

キルティングレッスンバッグ 端を縫う

4.マチを作る

バッグの底を三角形になるように折り、8cmのマチを作ります。
角から4cmのところでマチを作りました↓

マチ

左右の角でマチを作るとこんな感じに↓

キルティングレッスンバッグ マチ完成

5.口の部分を折り込んで縫う

まずは袋の口から1.5cmくらいの幅で折ります。

キルティングレッスンバッグ 口を折る

先程折った部分を折り込むようにして更に3cm幅で折ります

もふ
もふ

厚みのあるキルティング生地はふわんとしやすいので、アイロンで折り目を固定するようにした方がこの後縫いやすいかなと思います。

キルティングレッスンバッグ 口を折る2

折り込んだところの下から0.2~0.3cmのところをぐるっと一周縫って下さい。

キルティングレッスンバッグ 口を縫う

6.持ち手用テープを縫い付けて固定する

持ち手用テープを上に倒し、これを縫い付けながら上から0.2~0.3cmのところをぐるっと一周縫います。

キルティングレッスンバッグ 持ち手を固定

表と裏をひっくり返せば……完成です!

キルティング生地で作るレッスンバッグ

まとめ

キルティング生地で作るレッスンバッグの作り方をご紹介しました。
裏地なしなのでシンプルですが、その分簡単に作れると思います。

我が家ではこの作り方で作ったバッグを週1で洗濯機で洗濯しながら2年程使っていますが、解れることもなく使えています。
作り方がどうこうではなく、生地が丈夫なおかげかもしれませんが(汗)

こちらもおすすめ!

レッスンバッグの他にも、入園入学準備用に「シューズバッグ」や「ループ付きタオル」の作り方もご紹介しています。
ハンドメイドをお考えの方は以下の記事をご覧頂けたらと思います。

キルティング生地で作るシューズバッグの作り方キルティング生地で作るシューズバッグの作り方 シューズバッグ巾着型シューズバッグ(裏地あり)の作り方 ループ付きタオルタオルへのループの付け方|ミシンで簡単!普通のタオルをループ付きに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA