キルティング生地で作るシューズバッグの作り方

キルティング生地で作るシューズバッグの作り方

キルティング生地で作るシューズバッグの作り方をご紹介。
裏地はないのでシンプルで作り方も簡単!

少し大きめサイズを設定しているので、幼稚園・保育園児~小学生のシューズであれば余裕で入ると思います。
仕上がりサイズは、縦26cm × 横18cm マチ付き(マチ4cm)
マチはいらないという場合は、マチを作る手順を省いて頂いてOKです。

同じ生地を使ってレッスンバッグも作成。
作り方はこちらで紹介しています↓
キルティング生地で作るレッスンバッグキルティング生地で作るレッスンバッグ(マチ付き)の作り方

また、キルティング生地ではなく薄手の生地で作った巾着タイプのシューズバッグについても作り方を紹介しています。
シューズバッグ巾着型シューズバッグ(裏地あり)の作り方

シューズバッグの材料

材料はこちら。

  • シューズバッグ用の生地・・・・65cm × 25cm
  • Dカン・・・・・・・ 1個
  • 持ち手用テープ・・・35cmを1本、11cmを1本

シューズバッグの作り方

キルティング生地を使用したシューズバッグの作り方をご紹介していきます!

1.生地を裁断する

生地を65cm × 25cmのサイズでカットします。

もふ
もふ

カットした生地の端はほつれやすいので、裁断後はジグザグミシンを四方にかけた方が扱いやすいと思います。

2.持ち手を仮止めする

生地の表側を上にして置き、両端に持ち手用テープを仮止めします。
下の画像のように生地の端とテープの端を合わせて中央に置き、端から0.5cmくらいのところを縫って下さい。

3.両端を縫って袋状にする

生地を中表にして半分に折り、左右の端から1.5cmのところを縫います。

4.マチを作る

バッグの底を下の画像のように三角形になるように折り、マチを作ります。

5.口の部分を折り込んで縫う

バッグの口を外側に向かって1.5cm幅で折ります。

上で折った部分を折り込むようにして更に3cm幅で折ります。

折り込んだところの下から0.2cm位のところをぐるっと一周縫って下さい。

6.持ち手用テープを輪にする

短い方のテープにDカンを通し、Dカンが外れないようテープを折り上げて固定します。

MEMO
この後テープを上に倒して固定します。テープの端をバッグの口まで折り上げると上に倒すときに厚みができてやりづらくなるため、テープは1cm位ずらしたところで固定した方がいいと思います。

長い方のテープも同様に折り上げて固定します。
(こちらには何も通しません)

7.持ち手用テープを縫い付けて固定する。

持ち手用テープを曲がらないように上に倒します。
この状態で袋の口から0.2cm位のところをぐるっと一周縫います。

表に返したら完成です!

19cmのシューズなら余裕で入る大きさ!

幼稚園の娘用に作りましたが、19cmのシューズは余裕で入ります。
小学生のサイズでも十分使えると思います!

口を折り込んで縫うときに3cm幅より細くなったり太くなったりとずれやすいですが、アイロンをかけながら折るようにすれば幅が決まりやすいかと思います。

シンプルで簡単に作れるバッグなので、ぜひ作ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です