ウーモベイビー誕生から遊び方まで&ウーモシリーズをご紹介

うまれて!ウーモベイビー

動画で見て以来、娘が「ほしいほしい」と言い続けていた玩具があります。
ウーモ』です。

卵から生まれてくる」という話を聞いて面白そうだとは思いましたが、1万円近くする躊躇する値段設定。
夏場に欲しがったときは「サンタさんにお願いすれば」なんて言って躱していたのですが、結局冬になっても熱意が変わらず・・・

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/05/d72bc498e2562aa224a3af92d2803fec.jpg

サンタさんにウーモ頼む。
赤ちゃんが生まれてくるやつがいい。

クリスマスに購入することになってしまいました。
「生まれるまでがピークでその後遊ぶのかな?」という懸念点がありましたが、ぽぽちゃん、メルちゃんでお世話遊びを通ってきた娘は、生まれた後もよく遊んでいます。

今回は「うまれて!ウーモ」の紹介として、

  • 「うまれて!ウーモ ベイビー」が生まれるまで
  • 生まれた後は何が出来るか
  • その他ウーモシリーズ

について紹介したいと思います。

うまれて!ウーモとは

「うまれて!ウーモ」は、タカラトミーから発売されている、自分の手で卵を孵化させる体験が出来る新感覚の玩具です。

2016年10月に世界同時発売され、国内ではシリーズ累計55万体を出荷しています(2018年10月時点)。
国内のランキングだけでなくアメリカでも賞を受賞する等、大ヒットとなっています。

・2016プロが選ぶ今年のクリスマスおもちゃ バラエティ部門1位
・2017プロが選ぶ今年のクリスマスおもちゃ バラエティ部門1位
・おもちゃ屋が選んだクリスマスのおもちゃ2018 バラエティ部門1位
・「Toy of the Year 2017」 のイノベイティブトイ部門を受賞    etc…

購入した時点ではウーモはまだ卵の中にいます。
温めると徐々に殻にヒビが入り、リアルに近い孵化体験を通じて生まれてくるウーモと出会えるのです。

この孵化体験が人気の理由のようですが、もちろん生まれた後もウーモのお世話をしたり、一緒に遊んだり出来ます。

うまれて!ウーモ ベイビー誕生まで

まずはウーモの醍醐味である卵から生まれてくるまでの様子をご紹介。

生まれる前から遊べる?まずは卵と遊ぶ時間

開封し卵の底に付いているプラスチック製のピンを抜くと、ウーモが起動します。
しかし、ここから孵化が始まる訳ではありません。
電源を入れたからといって、ウーモはすぐには生まれてこないのです!

では何が始まるのかというと、平らな所に置けばゆらゆらと揺れたり、撫でたりツンツン触ったりすると反応が返ってきたり。
暫くの間は卵状態でコミュニケーションを取って遊べるようになっています。
本当に中に生き物が入っているかのような動き!
卵にも命があることを感じさせてくれる、リアルな仕様になっています。

意外と長時間!リアルな孵化体験

ウーモの卵

20~30分程卵との遊びを楽しんでいると、突然卵が光り始めます。
これが孵化の合図!
色を変えながら光り、ゆらゆら揺れたり振動したり。
そして、徐々に卵の上部から亀裂が入り、殻が割れ始めます。

もしかしたらこの勢いですぐに生まれてしまうのでは・・・!と焦り、孵化の様子を動画にとってやろうと構えたのですが、ゆっくりヒビが入り始めたと思いきや、光るだけでなかなか割れず。
ずっとそんな調子で、30分かけてやっと卵の一部が割れたかなという感じでした。

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
mof(もふ)

もっと派手にバリバリと割れてポンと生まれるのかなと思っていましたが、思いの外長時間かかる孵化。
リアルな卵の孵化を見ているようでした。

そのため、想像以上に時間の掛かる孵化の様子を動画に収めるのは断念しました(汗)

殻の一部が取れて中のウーモが見えたところで、我慢出来なくなった娘が殻を剥がしてしまったため、結局はこんな有様に↓

ウーモの孵化

それでも、「生まれた!」ということに感激していました。

ちなみに我が家で購入したものはチートゥリー、生まれたのは男の子でした。

MEMO
うまれて!ウーモベイビーは以下の6種類。
・ユニキー
・キャシー
・チートゥリー
・ポネット
・チパディー
・コアラビー
種類ごとに見た目が異なります。
種類を選んで購入することができますが、性別は選択できません。

生まれた後はどうやって遊ぶの?お世話グッズを紹介

生まれた後に取り出せるお世話グッズをご紹介。

うまれて!ウーモ ベイビーのお世話グッズ

「うまれて!ウーモ ベイビー」は生まれてきたウーモを取り出すと、卵の中にセットされているお世話グッズが取り出せるようになります。

うまれて!ウーモベイビー

入っているお世話グッズは左から、抱き人形、ガラガラ、ブラシ、ミルクです。
しかし、このお世話グッズ自体はただのプラスチック製。
このアイテムを使えば特別なことが起こる!なんてことはありません。

ウーモのお世話グッズ

しかし、ウーモの機嫌に合わせたお世話アイテムとして活用します。

割れた卵はウーモの巣に!卵の活用法

ウーモが生まれる際に割れるのは卵の上半分。
こちらは亀裂が入り、小さな欠片になって割れていくので捨ててしまいましたが、卵の下半分は割れないので、ウーモの巣として使えます。

ウーモを中に入れてあげるとこんな感じ↓
こっちをチラ見しているようで可愛いです。

ウーモの巣

うまれて!ウーモ ベイビーの遊び方

生まれたウーモと何ができるのか、お世話のポイントから遊び方までをご紹介します。

目の色で機嫌を確認してお世話

目の色が変わるウーモ

ウーモは機嫌によって目の色が変わります。
(紫のときはお腹が空いたとき、青のときは寂しいとき等)
その目の色を見て、ウーモが欲しているもの(お世話グッズ)をあげてお世話をしてあげるのです。

ちなみに、目が白いときは眠いときなのですが、他の色に比べて白の出現率は高く、すぐに寝てしまいます。
よく寝るなぁと思いますが、赤ちゃんだから仕方のないことなのかもしれません(笑)

ウーモベイビーの遊び方

お世話以外にも「うまれて!ウーモ ベイビー」では以下の遊びが出来ます。

  • まねしてベイビー・・・・・話した言葉を真似する
  • いないいないベイビー・・・両目を隠すと「いないいないばあ」をする
  • のりのりベイビー・・・・・ダンスゲーム
  • こえあてベイビー・・・・・ウーモが真似した動物の鳴き声を当てる

ウーモが喋ったり音楽に合わせて踊ったり(揺れたり)します。
アクションがあるという点が普通のお人形やぬいぐるみと違って子供は楽しいようです。

https://mofmofcloth.com/wp-content/uploads/2019/01/c84383fbf54b8507c3aeeb84dbf42cf8.jpg
mof(もふ)

しかし、このウーモが赤ちゃんタイプの所為なのか、人型ではない所為なのか、基本的にウーモが何を言っているかは全然わかりません(笑)

ウーモの声から泣いている、笑っているという気分の違いはわかります。
しかし、説明書に『ゲームの前に「レディセットゴー」とウーモが言う』という記述がありますが、全然そんな風に聞こえません。
動物声当てゲームは鳴き声が英語式な所為も加わり、全く何の動物かわかりません(笑

だから、ウーモが何を言っているか、そもそも今はウーモと何のゲームをしているかを子供はわかっていないようですが、「ウーモが躍った」「ウーモが喋った」ということだけで十分嬉しそうに遊んでいます。

買ったウーモが不良品?もしもウーモが生まれなかったら

クリスマスに娘の手に渡った我が家のウーモですが、実はクリスマスに生まれた訳ではありません。
クリスマスの朝に喜んで開封し、孵化の前の卵段階で遊んでいる途中に動かなくなってしまったのです。

慌てて説明書を読むとこんな記述が・・・

  • 卵を上下逆さまにすると、電源が切れる
  • 電源が切れた卵は、卵の底を両手で持ってあげると起きる

子供が持っている間に電源が切れたのかと思い起動を試みましたが、ウンともスンとも言いません(汗)

うまれて!ウーモなのに生まれてこない・・・
もちろん子供は半泣きです。

販売会社であるタカラトミーさんへ連絡してみることにしましたが、玩具が子供達に配られたクリスマスの朝はその分トラブルも多いらしく、電話は全く繋がりません
仕方なくメールで状況を伝え反応待ちすることに。

いくら掛けても電話は繋がらない状況に、年内中に対応してもらうのは無理かなと思っていましたが、なんと28日に代替品として購入したものと同じウーモが送られてきました

修理してもらうよりも新しいものと交換してもらう方が話が早いので、この対応は助かりました。
(動かなくなったウーモを返品する必要もありませんでした)

ウーモの種類は?何が生まれてくるの?

我が家は赤ちゃんタイプのウーモを購入しましたが、ウーモは現在8シリーズの卵が発売されています(2019年11月時点)。
選んだ卵(シリーズ)によって生まれてくるウーモの外見が違います。
基本的に1つの卵に対して2種類のウーモが割り当てられていますが、どちらが生まれてくるかは生まれるまでのお楽しみとなっています。

以下にウーモシリーズを発売順に紹介します。

うまれて!ウーモ

2016年10月7日に発売されたシリーズ初のウーモです。

カラー・・・ピンク/ピンク&ブルー/パープル/ ブルー&グリーン

カラー うまれてくるウーモ
ピンク/ピンク&ブルー

ペンコ属
(ペンギンとコアラをモチーフ)

パープル/ブルー&グリーン

リューグル属
(リュウ(龍)とイーグル(鷲)をモチーフ)

うまれて!ウーモピンク/ピンク&ブルー
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/
うまれて!ウーモブルー&グリーン/パープル
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

2017年3月30日には新カラーのウーモが発売されました。

カラー・・・ブラック&ホワイト/ソーダ&パープル 

カラーうまれてくるウーモ
ブラック&ホワイト クミンコ属
( クマとインコをモチーフ)
ソーダ&パープル カメチョ属
(カメとチョウチョをモチーフ)
うまれて!ウーモ ブラック&ホワイト/ソーダ&パープル
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ キララメガーデン

2017年5月31日に卵にパールカラーを使用し、本体の毛にはラメ素材を用いた新たなウーモが発売されました。

カラー・・・ピンク&パープル/ブルー&イエロー

カラーうまれてくるウーモ
ピンク&パープル ペンコ属
(ペンギンとコアラをモチーフ)
ブルー&イエロー リューグル属
(リュウ(龍)とイーグル(鷲)をモチーフ)
うまれて!ウーモ キララメガーデン
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモワォ

2017年10月6日に卵の中から2体(双子)のウーモが生まれる「うまれて!ウーモワォ」が発売されました。

カラー・・・ピンク&イエロー/ブルー&パープル

これまでの卵からは1体のウーモしか生まれませんでしたが、2体生まれるということで双子それぞれが成長し個性を楽しむことが出来、双子ならではの2体が連動する遊び方が出来ます。

うまれて!ウーモワォ
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ おとぎのもり

2018年3月17日に「うまれて!ウーモ おとぎのもり」が発売されました。

カラー・・・ピンク/ブルー

今までよりも毛並みが長くなり、柔らかさがプラスされ抱き心地がよくなっただけではなく、シリーズ初のウーモが自分の名前を覚えて話しかけてくれるという機能が追加されました。

カラー うまれてくるウーモ
ピンク ティギー属
(トラ(タイガー)とシラサギをモチーフ)
ブルー ツノーム属
(ツノメドリとオウムをモチーフ)
うまれて!ウーモ おとぎのもり
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ ナゾたま

2018年7月7日に「うまれて!ウーモ ナゾたま」が発売されました。
これまでのウーモは2色の内、どちらか1色の子が生まれましたが、このシリーズでは4種類の内どの子か1匹が生まれます。

うまれて!ウーモナゾたま
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ ナゾたまver.2

「うまれて!ウーモ ナゾたま」のカラーが新しくなり、「ver.2」としてパステルカラーのウーモが2018年10月5日に発売されました。

うまれて!ウーモ ナゾたまver.2
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ ベイビー

2018年10月5日に「赤ちゃん」がテーマの「うまれて!ウーモ ベイビー 」が発売されました。
生まれる前の卵の状態から左右にゆらゆらと動くようになり、よりリアルな動きに、生まれてくるウーモへの期待がさらに高まるよう進化しました。
また、赤ちゃんならではの「ブラシ」や「抱き人形」などのお世話グッズもセットで付いています。
卵の種類は以下の6種類。全て性別があります。

  • チートゥリー(2018年10月5日発売)
  • ポネット(2018年10月5日発売)
  • ユニキー(2019年2月7日発売)
  • キャシー(2019年2月7日発売)
  • コアラビー(2019年7月13日発売)
  • チパディー (2019年11月9日発売予定)
うまれて!ウーモベイビー
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

うまれて!ウーモ ララコーン

卵から生まれてくるのが特徴のウーモシリーズ。
2019年11月9日発売の「ララコーン」は卵から生まれたらどんどんと首が伸びる新ウーモ。
最長約70センチ!
そして、こちらのウーモは生まれる時に卵が砕けず、パカッと分かれるタイプなので、生まれた後再度卵に戻すことも可能!
何度でも生まれてくる姿を楽しめます。

うまれて!ウーモ ララコーン
https://www.takaratomy.co.jp/products/woomo/

まとめ

我が家の「うまれて!ウーモ ベイビー」の紹介をすると共に、これまでに販売されたウーモシリーズの紹介をしました。

生まれる段階が興味のピークではありますが、普通のお人形と違って光ったり動いたりするウーモは珍しい存在の様で、生まれた後もよくお世話しています。
卵から生まれた場面を見たことで、愛着が湧くのだと思います。

派手なカラーにモンスターなのか何なのかよくわからない外見で、購入する前は正直可愛いかなぁ?と疑問に思っていましたが、ムニャムニャ言いながら寝てしまう赤ちゃんウーモを見ていると、可愛いなと思えてくるから不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です